「撤退戦」「マイナス100からのスタート」

 

ラジオ番組で 大越健介キャスター 、富田宇宙(トミタ ウチュウ)選手というアスリートに特に感銘を受けたことについての内容をご紹介したいと思います。

 

 

「撤退戦」「マイナス100からのスタート」という捉え方に考えさせられました。。

障害があってもなくてもマイナスから始まると考えると、

自分に起きたことや状況をどのように捉え、考えるかによって

生き方は変えることができるのですね。

 

 

こちらの記事からの抜粋です。「 「三宅民夫のマイあさ!」 三宅民夫の真剣勝負! 大越健介の現場主義 から。詳しくご覧になりたい方はこちらのURLからどうぞ。

https://www.nhk.or.jp/radio/magazine/detail/my-asa20200827_02.html

 

 

富田選手は、パラ競泳で視覚障害の最も重いクラスで活躍するスイマーで、去年の世界選手権では男子400メートル自由形と100メートルバタフライの2種目で銀メダルをとった実力者です。

年齢は、31歳。

伝統校として知られる熊本県立済々黌(せいせいこう)高校に在学中に難病にかかって、徐々に視力を失ったんです。視力を失う前にはその名前が示すとおり、宇宙飛行士を夢みていたそうです。

水泳の選手でもあったんですが、どちらかというと勉強のほうに重きを置いていたそうなんですね。

しかしその病気によって夢を諦めざるをえなかった。

そこからの道のりを、富田選手は「撤退戦」という言葉を使って表現しています。

 

その後、システムエンジニアを目指したりもしたんですけれども、やはり健常者と同様の道を進むのは非常に難しい。それでいろいろと自分で進路を変更せざるをえなかったそうです。
「撤退戦」という重い言葉――、つまり、いろいろなことを諦めながら進むべき道を選び取っていくという、重い選択の繰り返しだったことを示している。「進路変更」という言葉だけでは足りないということだと思うんです。
その上で、こんなふうにも語っていました。「自分がこれまで背負ってきた挫折の量というのは、申し訳ないですけれども、半端じゃないですから」。

 

木村選手のように幼いときからあるいは生まれつき障害がある選手、そして富田選手のように事故や病気などで障害を負ってしまった選手……、それぞれが苦しんで克服したその歩みが、強烈な個性を生み出す。「パラリンピックではその個性がぶつかり合うので、その魅力は大きいですよ。是非知ってほしいです」と話していました。

 


そしてもう1つの側面について、富田選手独特の例えで話してくれました。
オリンピックの選手は、いわばゼロから始まって100点を目指す。しかしパラリンピックの選手は、「マイナス100点から始まるんです」と。到達点は、例えばオリンピック選手が100点だとすれば、パラリンピックの選手は技術的には30点ぐらいかもしれません。記録、タイムなどを見てもそうですよね。ところがマイナス100点から始まったことを考えれば、最終的に30点でも、結果的に130点ぐらいに値する途方もない大きさなんです。「アスリートひとりひとりが持つその道のりこそがパラリンピックの力であって、社会に与えるインパクトそのものなんです」と、富田選手は話していました。







「Smoke 」by MATS EK

「Smoke 」振り付け; MATS EK  ダンサー;Sylvie Guillem

 

音楽もとても美しいです。

 

マッツエックの振り付けをいくつか踊っているギエムですが、

 

この作品はよいなと思います。

 

バイオリンの音色も。

 

少し長いですが、ご覧になってください。

 

 

音楽のみならこちらからも

 

 

 







プロセスこそがエネルギーの源

 

 

Alessandra Ferri e Roberto Bolle - Danza con me 01/01/2019

 

以前に紹介した踊りで今回はアレッサンドラ フェリの踊り。

 

穏やかで、美しい。

 

彼女は44歳で引退、だが6年後復帰する。57歳の今も踊り続けている。

 

 

雑誌VOGUEの記事より抜粋

アレッサンドラ フェリのインタビューより

 

 

 

「バレエとは、華麗なものでもなければ舞台でスポットライトを

 

浴びることでもなくて、内なる旅路だと思っています。

 

私が私であるために必要なもの。

 

私自身が何者であるかを探るためのプロセスとして、

 

バレエが存在していて、

 

そのプロセスこそが私のエネルギーの源なのです。

 

そして同時に、世界とつながるための手段でもあると思うのです。

 

バレエは一瞬の芸術で消えてしまうものですが、

 

人生も同じ。

 

一つ一つが異なっていることも、人生と同じなのです」

 

 







動画でATレッスンをやってみよう

 

かぜあそびのATMレッスン

 

 

初めてATMレッスンを行う時は、こちらを聞いてからATMレッスンをやってみましょう。

 

 

初めてフェルデンクライスのATMレッスンを受ける方へ

 

 

「頭の動きと背骨のつながり」1〜3で一つのレッスンになっています。

 

是非3つのレッスンをやってみてください。

 

目が疲れた時、仕事の合間、寝る前など好きな時間、場所でできます。

 

同じレッスンでも、何度もやってみるのも面白いです。

 

初めには気がつかないことに気づきますよ。

 

 

 

「頭の動きと背骨のつながり1」

 

 

 

 

「頭の動きと背骨のつながり2」

 

 

「頭の動きと背骨のつながり3」

 

 

 







チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 

 

 

 

 

チャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 

 

 

ずっと新型コロナウイルスでうつうつとした日々でしたので、

 

ダイナミックで、力強い曲を聞くと、ワクワクしてきます。

 

最初の出だしがいいですね。

 

音楽は、このような時には特に必要だと感じます。

 

とても大好きな音楽で、この曲で踊ったのを思い出していました。

 

とにかく曲が好きで出たいと希望したら、

 

バレリーナVSジャズダンサーのコミカルな振り付けというより、爆笑といったものでした。

 

ジャズダンサー役で、セリフがあり、初めての挑戦でした。

 

もっと長いので、続きは、こちらのURLでお聞きいただけます。

https://youtu.be/_PlevpZ4yc4

 

 

 

 







ベンジャミン・ザンダーの「音楽と情熱」

 

 

 

 

ベンジャミン・ザンダーの「音楽と情熱」

 

TEDでの指揮者ベンジャミン・サンダーのお話。

 

クラッシック音楽のすばらしさを伝えようとしています。

 

彼の言葉に導かれてショパンの前奏曲を聞くと

 

今までと違った感覚がありました。

 

一つ一つは全体の流れ、つながりになり、そのように全体のつながりを意識するだけで違ったものを感じるのだと気づきました。

 

フェルデンクライス・メソッドも、いつも全体を感じ、細部を感じ、そして全体のつながりを意識することがとても大切です。

 

 

そして、最後のアウシュビッツにいた少女の話は

 

今の困難な時に聞くと、ハッとさせられます。

 

 

ベンジャミン・ザンダーの音楽の解釈を若手の演奏者に教えている動画も

 

見てみると興味深い。

 

 

 







感じる感覚をいつも忘れないで

 

 

 

New York City Balletが、新型コロナウイルス感染によって春の舞台がキャンセルになったために

 

作成されたショートフィルムです。

 

タイトルは「This Bitter Earth」

 

ニューヨークは新型コロナウィルス感染が深刻な状況ですが

 

このような動画を配信してくれることに共感します。

 

未来への平和な希望の感覚を伝えたい という思いがあるそうです。

 

2月からコロナ感染について影響を受け続いているのですが、

 

音楽に触れたり、良い作品を見たりして感じる感覚をいつも忘れないでいたいですね。

 

フェルデンクライスも感覚をより豊かにしてくれるものです。

 

芸術にふれるようにフェルデンクライスのレッスンでの感覚を味わうことを忘れないほしいと思います。







Bach- Adagio BWV 974の動画から感じたこと

 

 

 

 

捨てられたピアノが、プラスチックかごを椅子代わりにして

 

多分東洋人のごみ収集の人の手で弾く音は、

 

美しく、なんとも言えずもの悲しい調べに感じます。

 

 

近くに佇んでいる女の子のピアノかもしれないと思われ、バッハの曲を聞いて

 

次第に笑顔になるがその心の内では何を思ったのだろうと想像したくなります。

 

 

ピアノは実際は Luc Beauséjour という人が弾いたもののようです。

 

不思議なのは Luc Beauséjour が同じ曲を弾いているのを曲だけ聞いてみたのですが、

 

想像させるものがあると違ったものを感じるのですね。

 

こちらはバッハの同じ曲、同じ演奏者です。

 

もしよかったら、違いがあるか聞いてみてくださ。

 

 

 

 

 

最後にごみ収集車に運ばれて行く姿から、曲も途中で終わるので、あのピアノはどうなるのか

 

女の子は?と考えるといろいろイメージが湧いてきます。

 

 

同じ曲でも指揮者、演奏者、楽器が変わり、さらに映像のイメージや動きが加わると

 

変化していくのがとても面白いと感じました。

 

 

この映像を見た人によって感じ方が違うように

 

フェルデンクライスも、同じレッスンをしても、一人一人が違ったことが

 

起こったり、感じることと似ているように思います。

 

決めれたことや正しいとされていることを一生懸命にやることも良いですが、

 

何が起こるか、予測した通りのことが起こるか、まったく思いもしないことを感じるのか

 

自分の感覚を確かめるように探す方がワクワクするように思います。

 

一つの言葉、一つの動きがいくつも重なって全体につながっていく体験を

 

是非お試しください。

 

 

 

 

 

 

 

 







1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

プロフィール

        風遊ロゴ
書いた記事数:932 最後に更新した日:2020/09/14

エントリ

カテゴリ

過去記事

リンク

このサイト内を検索

その他

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM